当院のご紹介


治療別メニュー

アミノ酸療法 超高濃度ビタミンC点滴療法	キレーション療法 酸化療法 グルタチオン点滴療法 分子整合栄養療法

症状・疾患別メニュー

頭痛でお悩みの方 癌(ガン) パーキンソン病 線維筋痛症 その他の脳の症状

アミノ酸療法による改善例

無料相談







超高濃度ビタミンC点滴療法

乳がん、肺がん、前立腺がん、直腸がん、悪性リンパ腫、大腸がん、膵臓がん、膀胱がん、腎がん、子宮がん、卵巣がん など

超高濃度ビタミンC点滴は副作用のない抗がん治療です

ビタミンCには抗酸化物質として様々な効用がありますが、高濃度で用いることで癌(がん)に対しても延命効果があることは、ノーベル賞を2度受賞した著名な化学者であるライナス・ポーリング博士やエイブラム・ホッファー博士などによって数十年前から報告されていました。残念ながら科学的な根拠に乏しいとして、学会の権威者からは否定され続けてきました。 ライナス・ポーリング博士、エイブラム・ホッファー博士
しかし2005年ついに、米国国立衛生所(NIH)の科学者らにより「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)の静脈内投与は、癌(がん)細胞に対して抗癌作用をもつ」という科学的根拠にもとづいた衝撃的な研究論文が発表され、再び注目されるようになりました。ビタミンCは糖(グルコース)と類似した構造のため、糖代謝が活発ながん組織に積極的に取り込まれ、がん組織の中で大量の過酸化水素を発生し、がん細胞を死滅させる作用があることが証明されたのです。ビタミンCは正常な細胞には影響しないため、がんの標準治療で使用される抗がん剤や放射線療法とは異なり、副作用がほとんどないことが最大の利点であり特徴です。



超高濃度ビタミンC点滴療法の適応

高濃度ビタミンC点滴療法は副作用の心配がないため、どのような癌(がん)に対しても試みる価値がある治療法です。米国ではすでに乳がん、肺がん、前立腺がん、直腸がん、悪性リンパ腫、大腸がん、膵臓がん、膀胱がん、腎がん、子宮がん、卵巣がんなどへの治療効果が報告されています。当クリニックでは次のようながん患者さまにお勧めしています。

(1)有効な治療法がないと宣告された方
(2)抗がん剤や放射線治療の副作用が強く、治療を継続できない方
(3)この治療との併用で抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減し、効果を高めたい方

がんの状態、患者さまの状態により異なりますが、標準的には1回1000cc程度の点滴にビタミンCを60g~75g入れ、約1.5~2時間かけて点滴します。患者様に最適なビタミンCの量は点滴中のビタミンCの血中濃度を測定しながら決定します。点滴回数は週に2回から開始し、治療効果を見ながら調節します。経口でビタミンCとマルチビタミン・ミネラル、ビタミンDなどの補給を同時に行います。

ガン再発予防にもビタミンC点滴は有効と思われます。




高濃度ビタミンC点滴療法の最新ニュース

【文献情報】
高濃度ビタミンC点滴療法と化学療法の併用で膵臓癌の生存期間が2倍に延長

2013年2月5日にアイオワ大学からステージ4の膵臓がんにgemicitabinと高濃度 ビタミンC点滴療法を併用する第1相試験の結果が発表されました。

内容は次の通りです。

「ステージ4の膵臓がん9例に週2回の15-125gのIVCで平均生存期間は13ヶ月と従来の5.65ヶ月を大幅に延長。1例は腫瘍サイズが9分の1に縮小、1例は15ヶ月、1例は29ヶ月生存。IVCをすることで問題となるような副作用は認められなかった。この結果は今後の臨床研究を積極的に進める価値があることを示した。」




超高濃度ビタミンC点滴の実際

がんの状態、患者さまの状態により異なりますが、標準的には1回1000cc程度の点滴にビタミンCを60g~75gれて、約1.5~2時間かけて点滴します。点滴するビタミンCの量は血中のビタミンC濃度を測定しながら血中濃度が400mg/dl以上になるように調節します。点滴回数は週に2回から開始し、治療効果を見ながら調節します。経口でビタミンCとマルチビタミン・ミネラル、ビタミンDなどの補給を同時に行います。  がん再発予防にもビタミンC点滴は有効と思われます。




超高濃度ビタミンC点滴療法に関する文献

(1)2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立癌(がん)センター(NCI), 食品薬品局(FDA)の科学者達が発表した論文:高濃度ビタミンC が癌細胞を選択的に殺すという衝撃的な内容

(2)2006年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立癌(がん)センター(NCI)や大学の研究者らによる論文:高濃度ビタミンC点滴療法が有効であった3症例(腎臓癌、膀胱癌、悪性リンパ腫)症例報告

(3)2003年にカンザス大学メディカルセンターからの論文:卵巣癌 (Stage IIIc)に抗ガン剤と超高濃度ビタミンC点滴療法の併用が有効であった2例について

(4)2007年5月、アメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立癌(がん)センター(NCI), 食品薬品局(FDA)の科学者らによる論文:超高濃度ビタミンCの作用メカニズムに関する論文

(5)2007年 高濃度ビタミンCが末期がん患者の健康に関するQOL(生活の質)を明らかに向上させたという主旨の韓国からの論文

(6)1976年 キャメロンとライナス・ポーリングの発表論文:100人の癌患者にビタミンCの点滴と経口投与し、1000人の一般的な治療をした癌患者と比較し多結果、平均生存期間が4.2倍延長した。

診療時間
【月・火・木・金曜日】
AM9:00~12:00
PM14:00~17:30
【水・土曜日】
AM9:00~12:00
休診日
日曜・祝日・祭日
診療カレンダー
研修等により休診の場合があります。お越しの際は、診療カレンダーをご確認ください。
スタッフ紹介 セミナー情報 あおば通信

お支払い方法について

各種クレジットカードをご利用いただけます