症状・疾患別メニュー

頭痛でお悩みの方 癌(ガン) パーキンソン病 線維筋痛症 その他の脳の症状

無料相談







オゾン療法

概要 期待できる効果 適応疾患 副作用 料金

概要

オゾン療法は、いまだわが国では一般に普及した治療ではありませんが、約100年前にドイツで始められヨーロッパを中心に発展、普及している治療法です。英国王室のエリザベス女王の母君であるクィーンマムはオゾン療法を定期的に受けられ、100歳を過ぎるまでお元気であったという話はよく知られています。

オゾンを用いた治療法には数種類の方法がありますが、日本では主に大量自家血液療法がオゾン療法または血液クレンジング療法として行われています。

大量自家血療法

オゾン療法は約100mlの自己血液をボトルに採取し、各病態に合わせてオゾン発生器で正確に濃度調節したオゾンを、採取した血液に混和したのち体内に戻すという治療法です。

この血液とオゾンの混合によって生じる反応物質(酸化生成物)がその後、体に良いさまざま変化を引き起こし、病気を改善の方向に導きます。オゾン療法が幅広い症状・疾患に効果があるのは、体の血流が良くなり、酸素が体の隅々まで行き渡るからだと考えられます。
科学的には赤血球代謝を賦活し、赤血球のATP産生および酸素放出を増加させます。また、インターフェロンやインターロイキンなどのサイトカインの放出により免疫系を賦活し、免疫系の調節を助け、体の抗酸化能を向上させます。

1回の治療時間は約30分です。疾患によって治療頻度や回数は異なりますが、肩こりや冷え性、慢性疲労などに対しては症状に応じて1~4週に1回、3ヶ月間を目安に実施します。
その後は症状に応じて月1回程度を継続します。通常1回のオゾン療法による生化学的な変化は、2~4週間持続すると考えられています。

直腸注入法

自家血療法によるオゾン療法は身体に針をさす必要があり多少の痛みを伴いますが、直腸からオゾンを注入する直腸注入法は安全簡便で痛みがなく、自家血療法に匹敵する効果があると考えられています。

また1回の料金が自家血療法よりかからないため、頻度を増やすことができ、癌やアトピー、リウマチなどの慢性疾患には良い適応と考えられます。

*詳しい内容については、下記へお問い合わせください
*オゾン療法は保険適応の治療ではなく、自費診療となります。


ページ上部に戻る


期待できる効果

ヨーロッパなどでは、B型C型の肝炎や、HIVのウイルスの増殖を抑えるために用いられています。虚血性疾患に対しては、保険適用にもなっています。

狭心症や心筋梗塞など、虚血性心疾患の後にオゾン療法が治療として行われています。

他にも、がんの補完治療、老人性網膜変性疾患、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられます。

また、免疫力を上げる作用に優れ、がんの補完療法として外科手術後に使用されています。オゾンガスには直接的な殺菌作用があり、歯科領域でも使用されています。


ページ上部に戻る


適応疾患

  1. がん、悪性リンパ腫
  2. 自己免疫疾患(慢性関節リウマチ、多発性硬化症、クローン病、アトピー性皮膚炎、エリテマトーデス)
  3. 線維筋痛症
  4. ウィルス性疾患(B型,C型肝炎、HIV、パピローマウィルス、帯状疱疹)
  5. 慢性腎不全
  6. 慢性疲労症候群
  7. 脳神経退行性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、痴呆)
  8. 呼吸器疾患(肺気腫、COPD )
  9. 真菌感染症
  10. 眼科疾患(白内障、緑内障、加齢性黄斑変性症)
  11. 動脈閉塞性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)
  12. 下肢静脈瘤
  13. 糖尿病(糖尿病性末梢神経障害、糖尿病性壊疽)

ページ上部に戻る


副作用

1999年以前はポリ塩化ビニルのバッグを使用していたため、オゾンと反応し有毒ガスの発生に夜副作用の報告がありました。しかし、2000年以降の現在はオゾン耐性シリコンを使用した点滴資材を使用しているため副作用報告はありません。

オゾン療法の禁忌

  • オゾン療法には代謝が高まる作用がありますので、未治療の甲状腺機能亢進症の患者さんはこの治療をお受けいただけません。
  • 高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症も禁忌です。
  • 妊娠中の方

その他

  • 治療には血液の血栓形成を抑えるため、クエン酸ナトリウムもしくはヘパリンを使用しますが、稀にこれら薬品に対してアレルギー反応が生じる可能性があります。
  • 血管が細く、血液をボトルにためる際に通常より時間を要する場合、血液凝固により血液採取ができない場合があります。当院では血液採取回路の工夫により、可能な限りそのようなことがないような対策をとっています。

ページ上部に戻る


料金

オゾン療法のみの場合

1回18,500円(診察料および税込)

オゾン療法と高濃度ビタミンC点滴を同時に行う場合

1回25,700円(診察料および税込)

オゾン療法とグルタチオン点滴を同時に行う場合

1回25,000円(診察料および税込)


ページ上部に戻る


お問い合わせ先

お電話はこちら

かたやま脳外科内科クリニック
TEL.093-961-0019

【電話受付時間】

[月・火・木・金曜日]  AM 9:00 ~ 12:00、PM 14:00 ~ 17:30
[水・土曜日] AM 9:00 ~ 12:00(第5土曜日休診)
(休診日:日曜・祝日・祭日)


メールはこちら


ページ上部に戻る


診療時間
【月・火・木・金曜日】
AM9:00~12:00
PM14:00~17:30
【水・土曜日】
AM9:00~12:00
(第5土曜日休診)
休診日
日曜・祝日・祭日
診療カレンダー
研修等により休診の場合があります。お越しの際は、診療カレンダーをご確認ください。
スタッフ紹介 セミナー情報 遠隔診療

お支払い方法について

各種クレジットカードをご利用いただけます