当院のご紹介


治療別メニュー

アミノ酸療法 超高濃度ビタミンC点滴療法	キレーション療法 酸化療法 グルタチオン点滴療法 分子整合栄養療法

症状・疾患別メニュー

頭痛でお悩みの方 癌(ガン) パーキンソン病 線維筋痛症 その他の脳の症状

アミノ酸療法による改善例

無料相談







グルタチオン点滴療法

パーキンソン病、 抗がん剤の副作用によるしびれ(末梢神経障害)、 閉塞性動脈硬化症 など

グルタチオン療法について

グルタチオンは我々の体内にもともとある物質で主に2つの作用があります。ひとつは活性酸素を消去する抗酸化物質としての作用と薬物や毒物を排出するデトックス作用です。我が国ではグルタチオンを保険薬として肝機能障害などに数十年前から使用しており、きわめて安全性の高い医薬品のひとつです。 グルタチオン療法



パーキンソン病治療として

パーキンソン病は大脳基底核の線条体という部位でのドーパミンの不足が原因であることが判明しており、これに基づきL-dopaというドーパミンを補うようなお薬を使う治療が現在のパーキンソン病に対する標準治療となっています。しかしながらL-dopaの効果は一時的であり、L-dopaを長期に使うことによりグルタチオンがさらに減少してゆきます。グルタチオンは脳にとって最も重要な解毒物資、抗酸化物質であり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。パーキンソン病患者の脳内において、この重要な物質であるグルタチオンが減少しているという事実をもとに、イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者にグルタチオンを点滴投与したところ症状の著名な改善が認められました。

(文献)Reduced Intravenous Glutathione in the Treatment of Early Parkinson's Disease, "Prog Neuro-Psychopharmacol & Biol Psycoiat 1996;20:1159-1170

米国においてはDr.Perlmuterがこの治療法を積極的に行い非常に有効な治療であると報告しています。当クリニックにおいてもグルタチオン点滴療法を行うことで進行期のパーキンソン病の症状が顕著に改善した症例を経験しております。

(当院治療例ビデオ)



導入プログラム

導入プログラムとして週に2-3回の点滴を約3ヶ月間行います。病状にもよりますが、その後は維持プログラムとして週に1回のペースで治療します。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することもあります。




その他の治療として

米国ではその他、抗がん剤の副作用によるしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患の治療に用いられています。


診療時間
【月・火・木・金曜日】
AM9:00~12:00
PM14:00~17:30
【水・土曜日】
AM9:00~12:00
休診日
日曜・祝日・祭日
診療カレンダー
研修等により休診の場合があります。お越しの際は、診療カレンダーをご確認ください。
スタッフ紹介 セミナー情報 あおば通信

お支払い方法について

各種クレジットカードをご利用いただけます